Shinto and Zen Buddhism - 神道と仏教 -

In December 2008, the Religious Juridical Persons and Administration of Affairs organisation reported on a religious population survey to the Japanese Agency for Cultural Affairs. The report showed about 101 million people believe in the Japanese indigenous religion, Shinto, 90 million in Buddhism, 2.4 million in Christianity and 8.9 million in other religions. In 2008, the Japanese total population was 128 million, but on the first reading of this report, the Japanese population appears to be more than 202.3 million. This was subsequently interpreted to mean most Japanese people answering the survey believed in more than one religion at the same time. This result shows a very different religious understanding and accommodation than in monotheistic religions such as Christianity and Islam.

Japanese religious traditions have unique and multifaceted aspects. Both Shintoism and Buddhism achieved tranquillity from their distinctive matrices of religious sensibilities. Shinto – “the way of the gods” or “yaoyorozu no kami (8 millions of gods)”, originally lies in nature and combines with other aspects such as animism, shamanism, local mythologies and hero worship. Unlike general Western religions, it has no founder, no manuscripts and no centralised law resulting in a much less structured priesthood in shrines. Shintoism evolved with no significant idea of the fate of the life spirit after death and with little concept of rules for ethical human behaviour. Also Shintoism strongly reflected each local society’s autonomous identity which was based on the civil rules of that area. Local worship, especially in the countryside, is passed down by oral tradition, and often in these cases is a mosaic of animism or nature worship and human worship; Shinto deities lost significance or gradually vanished over time.

After the 6th century, when Buddhism was introduced from Korea, Buddhist ideology significantly influenced the ethics of Shintoism. The Buddhas and Bodhisattvas were viewed as another “kami”, which were regarded as manifestations. This fusion between the two religions continued to develop until the Meiji-restoration in 1868. Buddhism, especially Zen philosophy, provoked in the original Shintoism a darkly pessimistic view of the world which commonly acknowledges “abundant emptiness” in describing the sense of suffering and misery of reality. In Buddha’s doctrine, Zen meditation is the central structure for seeking a definition of life and it abstractly emphasises human existence in nature. Within meditation Zen doctrine is for the discipline of enlightenment known as “satori”, the emancipation from reality.

In 1868, after the Meiji-restoration, when the Tokugawa government was annihilated and the Japanese government restored, Shintoism and Buddhism were forced to separate by the Meiji emperor, seeking to gain national authority for his new government. Buddhism temples and Shinto shrine had been built in the same property and worshipped equally. But after this religious reformation, the government forced to remove or even worse they destroyed few Buddhism temples or ornaments. This religious reform continued for ten years. Although the connection between Shintoism and Buddhism had been strong, and still, you can see some of little shrines in Buddhism temple properties, but it is much less common to see mixed Shinto shrines and Buddhist temples today.

Zen philosophy is in part formed also by personal issues. This makes it inherently difficult to define or describe exact contexts even for Japanese people, although their language has quite an abstract structure as well. Besides, traditional Japanese aesthetic culture based on Japanese people’s lifestyle remains in force today. Shintoism and Buddhism were rooted in Japanese culture and core Japanese customs; the Shinto way celebrates birth and many ceremonial events throughout the year. In contemporary Japan, if you ask Japanese people about their religion, they will probably take a little while to answer or might simply say, “I don’t have one”. These customs and rituals are too close to the Japanese lifestyle to even be recognised for what they are.

2008年12月、宗教法人および行政機関は日本文化庁にの宗教に関する人口調査を報告した。報告書によると、日本の古来の宗教である神道では約1億10100万人、仏教のおいては約9000万人、キリスト教ではおそよ240万人、その他の宗教では約890万人の信者がいるという。この調査によって判明したのは、日本人のほどんどが、複数の宗教を信ていると答えたことを意味している(宗教別の総人口が日本の総人口よりも多い)。この結果は、キリスト教やイスラム教など一神教の宗教とはまったく異なる宗教的理解と日本国内での認識を示している。

日本の宗教的伝統には、独特かつ多面的な側面がある。神道と仏教の両方が持つ、宗教的感性は両方の宗教的な特徴的なお互いに尊重し合い、融合していくように変化していった。神道とは、「神の道」や「八百万の神」とされ、基本は自然界に由来するアニミズムであり、またシャーマニズム、神話、英雄崇拝などの様々な形態を持ち、結びついている。一般的な西洋の宗教とは異なり、ほとんどの神道において創造主はなく、写本もなく、はっきりした戒律もないため、神社ではその神権自体が特に厳しく構造化されているとは言い難い。神道においての考え方には、基本的に死後の人生精神の運命や倫理的な人間行動の規則という概念がほとんどない場合が多い。また、神道は、その地域の市民の規則に基づいた各地方の社会においての地域性を強く反映している。地方独特の宗教観、特に田舎では伝承によって受け継がれていることがあるが、このような場合には、アニミズムや自然霊崇拝、御霊の崇拝のなど様々な形がとられている。しかし、時代が現代に移りゆく上で、 過疎化が進み、神道のその伝習の語り継ぐと言う習性から地元宗教の神道の神々は重要な意味を失い、徐々に消え去ってきている。

韓国から仏教が導入された6世紀以降、仏教のイデオロギーは神道の倫理に大きな影響を与えることなった。仏教での菩薩や阿弥陀は、ある種の「神」と見なされ、その存在を認められるようになったのである。この2つの宗教の融合は、1868年に明治維新まで発展し続けた。神道ではもともとなかった、現世での苦しみや悲惨さについての感覚であったものが、仏教、特に禅の哲学の浸透により、一般的に表現される「無常」、人生においての暗い悲観的な見方を人々にもたらすことになったしまったのである。仏の教義では、禅の瞑想は人生の定義を求めるための中心的な修行であり、その修行を通して抽象的にではあるが、自然界の人間の存在意義をも探求することができる。また、瞑想の中で禅の教義は、現実からの解放であり、「悟」として知られる真理を会得するの訓練のためのものである。

1868年、明治維新後、徳川政権が崩壊し、天皇制による日本政府が復活したとき、神道と仏教は明治天皇によって分離され、新政権のための神道を保護して国家権を得ようとする動きがあった。仏教と神道の構築物は同じ敷地内に建てられ、同じように信仰されてきたが、この宗教改革により仏教系の建物や装飾品などは移されたり、あるいは破壊されたりした。この宗教改革は10年間続くこととなる。それでも神道と仏教の関係は強く、今でも仏教の敷地内に神道の社があるが、今日において神社と仏教寺院が混在しているのは一般的とは言えない。

禅の哲学は個人的な見解や体験などによりそれぞれ個々の認識が変わってくる。これは、日本語自体が言語にもかなり抽象的な構造だと言うこともあるだろうが、日本人にとっても正確に禅についての内容を定義したり、記述したりすることは本質的に困難であるだろう。また、今日においても日本人の生活様式に基づいた伝統的な日本の美的文化は残っている。神道や仏教は、日本の文化や中核的な日本の習慣に根ざしていた。神道的に、一生を通して誕生した時から、多くの儀式行事を祝う。現代日本では、日本人に宗教について尋ねると、ちょっとした時間がかかったり、単に「私は無宗教です」と答えるだろう。これらの習慣と儀式は、日本の生活様式には近すぎるため、それが宗教観であると認識することさえ出来ないほどに日本人の密着していると言えよう。

 

References:

Japanese Agency for Cultural Affairs, Religious Juridical Persons and Administration of affairs religious population report, 2008

Takeuchi, Toshio, Ohnishi‟s Aesthetics as Japanese System, The Journal of Aesthetics and Art Criticism, vol. 24, no.1, Oriental Aesthetics, Blackwell Publishing, UK, 1965

Varley, Paul, Japanese Culture Forth Edition, University of Hawaii Press, Honolulu, 1984

Kageyama, Haruki, Arts of Japan 4, The Arts of Shinto, translated and adapted an introduction by Christine Guth, John Weatherhill, Inc., N.Y. 1973

Addiss, Stephen, The art of Zen, Harry N. Abrams, Inc., N.Y., 1989

Harris, Victor, Shinto, The Sacred Art of Ancient Japan, The British Museum Press, UK, 2001

Suzuki, Daisetz T., Zen and Japanese Culture, Bollingen Foundation Inc., N.Y, 1959